文学フリマ金沢・事務局通信

文学フリマ金沢からのお知らせブログです。

文フリ金沢スタッフ作品集のお知らせ【7月版】

こちらは雨が降ったりやんだりしており、非常に蒸し暑くなっております金沢の地でございます。皆さんの地域はどんな天気模様になっておりますでしょうか。

 

今回は文フリ金沢スタッフ作品集の販売のお知らせです。

7月販売予定イベント

7月は下記2箇所にて、委託販売させていただきます。

7月8日 第三回文学フリマ札幌さっぽろテレビ塔 2F)

 か-01文学フリマ札幌事務局 販売ブース】

bunfree.net

7月16日 第7回Text-Revolutions都立産業貿易センター台東館4F)

 C-01【R.B.SELECTION】

Text-Revolutions

作品集は2冊目の「創作るは●だが闇である」と3冊目(最新刊)の「金の花より文学が欲しい」になります。

plag.me

plag.me

なお、2冊目に関しては、残部をすべて文フリ札幌に発送しています。という程度しか残っておりません。万が一札幌からの返送が間に合わないor札幌にて完売となった場合は、テキレボでの販売はなくなりますので、予めご了承ください。

※最新刊につきましてはテキレボ分を取り分けておりますのでご安心ください。

余談ですが、文フリ札幌には、金沢事務局よりはいそさ氏がスタッフお手伝いとしてお邪魔しております。当日レポートもはいそさ氏(のツイートを金沢事務局が引用RTして)担当となっております。どうぞよろしくお願いいたします。

広告を非表示にする

第四回文フリ金沢見本誌閲覧会とスタッフ作品集販売のお知らせ

湿度がぐっと上がり、金沢らしい気候になってきました。先週は金沢を挙げてのお祭りである100万石まつりも開催されましたが、現在は落ち着いた金沢の雰囲気を楽しめるようになっています。

 

という金沢事務局より、見本誌閲覧会とスタッフ作品集販売のお知らせです。

第四回文フリ金沢見本誌閲覧会について

見本誌閲覧会とは、当日来場できなかった方などのために金沢で販売されたものの見本誌をゆっくり読む機会をつくる場のことです。昨年第三回分につきましては、三回、金沢市内で開催されました。

今年は……いきなりとんでもないところから閲覧会の開催です。

文学フリマ岩手前日祭withさわや書店ORIORI】

bunfreeiwate.hatenablog.com

…こちらのイベント内にて、第四回文学フリマ金沢見本誌閲覧会も併催することになりました。なお、この企画は文学フリマ岩手さんの企画でございまして、金沢スタッフは当日不在となっております。金沢についてあれこれ聞かれても多分岩手スタッフも困惑するかと思いますので、その店ご了承ください。

なお、金沢を始めとする北陸での文フリ金沢見本誌閲覧会についてはまだ未定となっております。ご了承ください。

文フリ金沢スタッフ作品集販売について

文フリ金沢スタッフは、毎年作品集を作っています。

今年は「金の花より文学が欲しい」

c.bunfree.net

昨年は「創作るは◎だが闇である」

c.bunfree.net

こちら2種に付きまして、以下のイベントで委託販売いたします。

なお、昨年の作品集につきましては残り少なくなってまいりました。ご希望の方はお早めにお願いいたします。

以上、ご案内でした。近隣の皆様のご参加をお待ちしています。

広告を非表示にする

第四回文フリ金沢委託出店のみなさまへお知らせ

皆さんのツイートや感想を読んで一喜一憂しております金沢スタッフ3号です。

本日は委託出店されました皆様へのお知らせです。

委託売上金入金しました

昨夜、会計担当スタッフより「委託出店売上金入金処理完了」の報告がありましたことをお伝えいたします。振込反映のタイミングが銀行によって異なるため、もしかすると本日は反映されていないかもしれませんが、2~3日中には反映されるはずです。

万が一6月5日を過ぎても伝票記載の金額が振り込まれていなかった場合は、至急お問い合わせフォームよりご連絡ください

※お問い合わせフォーム以外からのお問い合わせはご遠慮ください。またお問い合わせ時はログイン状態でお問い合わせをお願いします。

bunfree.net

ところで……

文学フリマ金沢ではイベントレポートを募集しております。

bunfree.net

こちら、当日来場されたすべての皆さんはもちろん、委託出店をした感想などもレポートとして投稿できます。一言コメントでも構いませんし、ブログなどのリンクでもOKです。

現在文学フリマで唯一委託出店の選択肢があるのが金沢になります。他地区で委託出店を行うかはそれぞれの事務局判断ではありますが、その判断材料のひとつとして委託出店された皆様の反応も関わってくるかもしれません。

もちろん、「全然売れなかった!」とかの感想でも構いません。正直申し上げますと、委託出店いただいたのにもかかわらず、一冊も売れず返送した出店者の方もおります。折角ご参加いただいたのにもかかわらず非常に申し訳なく思います。これは事務局側の力不足もあるかと思います。

※逆に、今回必要な書類が入っていない、事前問い合わせ無しで委託発送荷物にメモ書きで特別扱いを依頼するなど、レギュレーション違反が多数発生しました。重大なレギュレーション違反の出店者の方には前日夜にお電話させていただきましたが、委託伝票入れ忘れなどの出店者に関しては連絡せず伝票を再作成しております。今後、こういう事例が多発しますと運営に支障をきたすため、委託出店というカタチを残せなくなる可能性もあります。

というわけで、どんな形であれ、参加された皆様の感想・レポートによって次回以降の文学フリマ金沢が決まっていきます。そのためにも、忌憚なき意見やレポートについて、よろしくお願いいたします。

……なお、批判的なことを書いたからと言って、ペナルティがつくことは一切ありません。その点についてはご安心くださるとともに、今後ともよろしくお願いいたします。

広告を非表示にする

第四回文学フリマ終了御礼

昨日となりましたが、ITビジネスプラザ武蔵にて開催の「第四回文学フリマ金沢」、無事終了いたしました。出店者の皆様、来場者の皆様、本当にありがとうございました。

有形無形な形で参加・協力いただきました皆様のおかげで、文学フリマ金沢を開催できました。ブログの場ではありますが、お礼申し上げます。ありがとうございました。

……まだ、金沢の街を観光している皆様は、文フリ観光をお楽しみください。

では、文学フリマ金沢事務局より、事務的なお知らせと今後の予定です。

事務的なお知らせ

事務的なお知らせと言いますか、宅配便搬出に関する話です。特に委託出店のみなさまは重要なお話を含んでおりますので、一読したあとご確認お願いします。

会場から宅配便が届いたら……

まず、会場からの搬出はすべて着払いの搬出となっています。委託出店の残部につきましても着払い搬出となっております。

早い方は本日から届き始めているようです。委託出店で1週間経っても荷物が届かない場合は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

※委託出店以外の皆様は、伝票控えよりヤマト運輸さまへ直接お問い合わせください。

そして、届きましたら中身の確認をお願いします。

委託出店の皆様は、伝票に記載の残部と、返却の残部があっているか今一度確認をお願いします。また、計算がおかしいなどの伝票不備がありましたら、こちらもお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

委託出店の売上金について

委託出店の売上金につきましては、14日中に出店者より指定された口座に入金いたします。現在、会計担当が処理を行っておりますので、今しばらくお待ち下さい。

その他、不明な点がありましたら、お問い合わせフォームよりお願いします。

ツイッターのリプライやDMでのお問い合わせには対応できなことが多いので、必ずお問い合わせフォームよりお願いします!

bunfree.net

当日の感想など教えてください!

第四回文学フリマ金沢のイベントレポートを募集しております。一言コメントでも構いませんし、ご自身のブログなどをリンクするカタチで投稿していただいてもOKです。

こちらより投稿お待ちしております。

bunfree.net

次回文フリ金沢や見本誌閲覧会について

前回より金沢では見本誌閲覧会を不定期に開催しております。こちらは皆様の見本誌を展示し、ゆっくり読書していただくという企画です。

また、次回第五回文学フリマ金沢について気になってる方も多いでしょう。

第五回文学フリマ金沢について

次回の文学フリマ金沢については、日程は全くの未定でございます。会場の貸出期間開始時期や他地区文学フリマの日程との調整もありますので、現段階では「未定」としか申し上げられませんことを、ご了承ください。

開催の方向で現在検討をしておりますので、発表まで今しばらくお待ち下さい。

※個人的には金沢で秋開催をしたいのですが、年一回開催がマンパワー的に限度なのと、秋は大阪・福岡・東京の合間を縫って開催を余儀なくされるため、次回も4~6月になりそうかなあと思っております。もっとも4~6月は前橋(3月)・東京・岩手・札幌(7月)があるので、どっちにしてもスケジュール調整が難航することに変わりはないのですが…。

見本誌閲覧会について

……実は、こちらも日程未定となっております。こちらの日程未定は大人の事情によるものですので、今しばらくお待ち下さい。

なお、北陸3県で「うちで見本誌閲覧会開催どうですか?」という貸し会場・ギャラリー運営の方がおられましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせいただきますと幸いです。

注)今までの会場から出禁になったというわけではありませんので誤解なきようにお願いします…。事務局都合と会場の調整がつきにくくなったというそれだけの話でございます。金沢市内、いろいろとイベントがありまして…。

 

……ただ、もしかするとね。いきなりとんでもないところで見本誌閲覧会は開催するかもしれません。というフラグだけ立てておきます。

 

というわけで、皆様ありがとうございました!次回の開催が決定いたしましたらメールマガジンや公式サイト・事務局通信などでお知らせしますので、それまでお待ち下さい。

広告を非表示にする

文学の懐の深さを実感する文フリ金沢当日企画紹介

何を持って文学とするか?は人それぞれです。「文学フリマ」という文学作品展示即売会は出店者が「これが私の考える<文学>だ!」という作品を持ち寄り展示・販売するイベントです。そのため、ある人にとっては全く文学に見えない作品が、ある人にとっては重要な文学として感じることがままあります。

そんな、「これ以外は文学として認めない!」主義の皆様の頭が柔らかくなる企画も、文学フリマ金沢には用意されております。いや、最初からそこまで深く練った上で立てた企画かとうか微妙なんですが…。

ともかく、まだ詳細をご紹介していない当日企画のご案内です。

違う角度から金沢と文学を見てみよう

当日企画として、トークセッションが行われます。パネリストによる金沢や文学に関してお話いただくという企画です。今年は文学を離れ(たわけではないのですが)「外から見た金沢と北陸」を主テーマ(?)にトークセッションを行います。

トークセッション詳細

  • 日時:5月27日(日)13:00~14:00(開場12:30ごろ※準備でき次第)
  • 会場:ITビジネスプラザ武蔵 5階研修室1
  • 入場:聴講無料!ご自由にどうぞ。
  • 司会:黒瀬珂瀾
  • パネリスト:ピストン藤井さま(当日ブースNo.あ-03)

c.bunfree.net

富山が誇る富山在住のライター・ピストン藤井さまによる、富山から見た金沢や北陸を郷土愛を持って語っていただくというトークセッションです。たぶん。

第一回文学フリマ金沢から候補に上がりながら諸事情により実現できなかったトークセッションのパネリストの一人がピストン藤井さまです。どのような方かはこちらのツイートからリンクをたどって下さい。 

 ……申し訳ありません。今回のトークセッションは何が起こるかわからないと言いますか、新感覚のモノの見方と文学がそこにあるとしか言いようがありません。

富山県内で活動されている方ゆえ他県の方から「誰やねん」というツッコミが来るかも知れませんが、誰やねんと思った人ほど、このトークセッションの聴講をおすすめします。聴講は無料です。

※あと、トークセッション司会の黒瀬は、この後の企画である朗読・リーディングセッションの司会でもありますので、彼の気力体力温存にご協力お願いいたします。

「文学者は食にうるさい」と誰かが言っていた

もう一つ、文学フリマ金沢の展示即売会終了後、恒例のおつかれさま会を開催いたします。「おつかれさま会って何?」とよく聞かれますが、端的に言いますと懇親会のようなものです。

おつかれさま会詳細

  • 日時:5月27日(日)17:30~19:00頃まで
  • 会場:ITビジネスプラザ武蔵6階展示室
  • 入場:有料企画(¥1,000-)
    ※チケットは14:00より本部にて販売いたします。

メインは出店者・一般来場者・文学フリマスタッフ関係なく「文学」というゆるいつながりを持って大いに交流していただこうというものです。それらを円滑に行うために、食べ物や飲み物を用意してあります。ちなみにアルコール飲料も用意していますが、自家用車で来場の方、未成年の方、アルコールが苦手な方にお酒を勧めてはいけません。今回そのためのシールを用意しておりますので、ご入用の方はおつかれさま会入場時にお申し出ください。

……あと、他地区文学フリマの懇親会と比べて金額が異常に安いことに皆さん気づいて下さい。つまり、飲食はおまけ程度の量になっています。たぶん。

予めご了承下さい。

※なお、お店で買った食べ物や飲み物の差し入れ大歓迎でございます(手料理の持込は禁止です)。

 

……というわけで、第四回文学フリマはいよいよ明後日となりました。皆さんの文学と様々な形を通じた交流の機会を、スタッフ一同お待ちしております。

 

広告を非表示にする

文学フリマ金沢事務局当日販売物のご案内

「もうじき文学フリマ金沢だという実感がわかない」というつぶやきを見て、日常的に文学がある環境に、ほんの少しだけお祭り気分を味わえる世界になるといいなと思っている3号です。

※単純に、文フリ金沢の日程が4~6月の間でウロウロしているので、もう少し先の感覚がするという意味合いでしたら申し訳ありません……。金沢の日程が固定化されないのにはいろいろ事情がありまして……。

昨日は「朗読・リーディングセッション」企画のご案内をさせていただきましたので、続けて他の企画を……と言いたいところなのですが、まだブログで詳細を書いていないトークセッション」「おつかれさま会」につきましては、5/25の事務局通信に回させていただきます

本日の事務局通信は、第四回文学フリマ金沢の金沢事務局による当日販売物のご案内になります。

金沢スタッフは本を作る

文フリ金沢スタッフの有志による作品集を第二回文フリ金沢より毎年作成しています。短歌・詩歌・小説・評論・若者の叫び(?)などなど、それぞれが得意分野を持つ個性豊かな金沢スタッフの「作り手」としての表情を見ていただければと思っております。

本年のタイトルは「金の花より文学(ほん)が欲しい」

c.bunfree.net

メインテーマは「金」、サブテーマは「闇」ということになっていますが、フリーテーマな作品もあります(余談ですが、サブテーマの「闇」は過去すべてのサブテーマでもあります)。

今回は、短歌・小説・小説・多分フィクション(?)・短歌という構成で、5名の作品を収録しております。また、巻末には今期金沢スタッフ全員のコメントを掲載しております(なにげに全スタッフがコメント提出したのは今回が初めてだったりします)。

なお、前年の作品集「創作(つく)るは●だが闇である」も残部があるため販売いたします。この作品の感想で好印象な感想をたくさん頂いたのが「婚活に対しての対談」という辺り、本当に闇であると思います(?)。

c.bunfree.net

※このタイトルは当時大ブームだったとあるドラマタイトルのパロディだったのですが、誰にも気づいてもらえなかったという……。

こちら2作は、委託コーナー【委託-45】にて展示・販売しております。今回委託作品が多数展示・販売されますので、こちらのコーナーもじっくり見ていただければと思います。なお、委託コーナーの作品の見本誌は、すべて委託コーナーにあり、見本誌コーナーにはおいてありませんので、その点予めご了承下さい。

金沢スタッフは水を売る

先週末の時点では文フリ金沢当日の27日は雨予想で、最高気温も20度を超えないはずでしたが、この事務局通信を書いている時点で曇り時々晴れ、最高気温25度最低気温15度という予報に変わり、クーラー入れないとだめだよね…という話になっております。

湿度が高く、蒸し暑いということは、喉が渇くことが予想されます。フロア内には自動販売機もありますし、外に出ればコンビニもありますが、「金沢をお得に楽しめるミネラルウォーター」というものが最近発売されまして、今回文学フリマ金沢で購入することができるようになりました。

クーポン付きミネラルウォーター 一福 – ippuku –

中身はおいしい水です。

ボトルには金沢のメインバスルートと観光情報が記載されています。観光していて道に迷ったら、ペットボトルを見ればある程度なんとかなります。

それだけでなく、ボトルそのものがクーポンになっておりまして、ボトルを見せるだけで金沢市内のあちこちで特典が受けられるという優れものです。ボトルの中身は空でもよく、また特典を利用したら回収されるということもないため、1本のミネラルウォーターでいろいろなお店の特典が受けられます。ついでに言いますと「購入した日限定」とかという縛りはないので、文フリ金沢翌日でも1週間後でも複数日に渡ってでも特典は受けられます。ボトルをなくさない限り。

※一部利用条件が決まっている店舗もあります。詳細は上記サイト、もしくは当日配布のチラシのQRコードを御覧ください。また、当日販売場所にクーポン提供店リストを何部か印刷しておいておきます。

というお水を文学フリマ当日、本部にて販売いたします。

1本200円です。

……水の値段としては高いかもですが、着物レンタル10%オフとか、1600円の寿司ランチが1000円で食べられるなど、クーポンを利用して金沢の街を堪能していただければと思います。コンセプトは観光客向けですが、実は地元民の方がクーポンの活用をしやすいのではないかと思います。

なお、当日は常温タイプと軽く冷やしたタイプの2種類用意します。また、数に限りがございますので、完売時にはご容赦願います。

そんな文フリ金沢スタッフからのお願い

委託販売ブースに限らず、通常出店の皆様のブースもそうなのですが、基本的に1万円でお釣りが出せる可能性は非常に低くなっております。できるだけ事前に1000円札や100円玉、500円玉に両替をしてご来場くださると非常に助かります。

なお、文フリ金沢用の小銭を作るために近隣の商店で買い物をしたり、ゲームセンターや温浴施設の両替機を使用するという行為は絶対におやめ下さい。出来れば銀行などで事前に両替しておくことをおすすめします。

また、委託出店および本部販売においては、現金のみ受付可能です。通常出店の一部のブースはカード決済、電子マネー決済可能なところもあるかも知れませんが、基本的に現金でのみ支払いが可能だと思って下さい。

銀行での両替は…金曜日までです。大変かもしれませんが、来場するすべての皆さんが楽しく過ごせるよう、ご協力お願いいたします。

 

……では、やってもやっても終わりが見えないスタッフ作業に戻ります。皆さんの文学に出会えることを楽しみにしております、。

広告を非表示にする

朗読・リーディングセッション朗読者発表!

出店者のみなさま、今週末5月27日は文学フリマ金沢です。当日準備のほどはいかがでしょうか?そして、来場予定のすべての皆様、Webカタログチェックや小銭のご用意などはいかがでしょうか?

第四回文学フリマ金沢 出店者(サークル)リスト - 文学フリマWebカタログ+エントリー

SNSを見て気になっておりますが、当イベントは文学フリマ金沢」でございます。略称は「文フリ金沢」「金沢文学フリマ」「金沢文フリ」表記の皆様、特に自動告知ツイートになっている出店者の皆様、お手数ですが表記ゆれの訂正をお願いいたします。なお、ハッシュタグ #文学フリマ になります。
(以前推奨していた #bunfree につきましては移行をお願いします。併記の必要はありません)

さて、本日は当日企画のご案内になります。

朗読・リーディングセッション概要

  • 日時:2018年5月27日 14:30~15:30(文学フリマ金沢会期中)
  • 会場:ITビジネスプラザ武蔵5階展示室1
  • 内容:「朗読」という声による文学を堪能するセッション。7組(+α?)の多種多様な耳から楽しむ文学をお楽しみ下さい。
  • 入場:文学フリマ金沢の展示即売会(6階)も含め、無料で聴講できます。お気軽にお立ち寄り下さい。
  • 司会:黒瀬珂瀾

当日朗読・リーディング参加者発表!

当日朗読・リーディングを行って下さる方々と朗読作品は以下のとおりです。

※朗読順 朗読者名(出店者ブース※ある方のみ)「朗読作品名」(作品作者)の順です。なお、敬称略とさせていただきます。
※朗読作品および朗読順につきましては、当日変更になる可能性があります。

  1. 豊増美晴(【う24】とよよん商店) 「愛の裏パラノイア」「白くまのロンパース」(作者:タムラアスカ)
  2. 志稲祐子 「そよぐ幻影」 ほか(作者:大手拓次
  3. 菊池あき 「唖言語」(作者:菊池あき)
  4. フジシマヒロミ 「ジェイコブの梯子」より(作者:イシュマエル・ノヴォーク)
  5. 新谷華央里 「告別」(作者:宮沢賢治
  6. あずみ(【う-13】冬青) 「宝石になれなかった石」「AI?」(作者:なな・大葉れい・穂崎円)
  7. 乙女ゲリラ朗読隊 「なまえのないうた」(作者:松岡理恵)
  8. 当日参加枠(下記参照)

当日参加枠受付を行います

朗読参加者の募集は早々に締め切らせていただいたのですが、その後いろいろありまして、当初想定していた枠に空きが出ました。というわけで、文フリ金沢当日に朗読・リーディングセッションの朗読参加を受け付けたいと思います。

  • 受付時間:27日(文フリ金沢当日)11:00~12:30
  • 受付方法:本部にてお申し出下さい。受付用紙をお渡ししますので、必要事項を記入し、提出して下さい。
  • 参加資格:下記ページの参加条件をお守りできる方

bunfree-kanazawa.hatenablog.com

  • 参加費:不要です。

※なお、受付は先着順とさせていただきます。予めご了承下さい。

以上になります。

当日の天気がはっきりしないので(昨日の天気予報では雨だったのが曇りに代わった金沢市)当日の気温もどうなるかわからないのですが、静かで熱い新感覚の文学を皆さんお楽しみ下さい。

広告を非表示にする