文学フリマ金沢・事務局通信

文学フリマ金沢からのお知らせブログです。

第三回文フリ金沢の企画発表!

予告通り、今回の企画その他の発表です。

おさらい。

第三回文学フリマ金沢は4月16日(日)ITビジネスプラザ武蔵5階6階で開催します。

展示即売会の時間は11:00~16:00です。

通常出店・委託出店の皆さんのブースは6階展示室にあります。

企業さんの出店

今回、企業出店が2つ3つあります。

エブリスタ(う19~20)

小説投稿サイトのエブリスタさんが文学フリマ金沢に出店です。立ち読みカタログでも皆様おなじみですよね。エブリスタ発の書籍などの販売があります。

estar.jp

喫茶メルト(本部横)

小矢部市にあるイギリス風メイドの手作り焼き菓子と紅茶を楽しむお店「喫茶メルト」さんが、文学フリマ金沢に出店です。当日は焼き立てワッフルと紅茶、その他コースターや缶バッチなどのオリジナルグッズ販売を予定しております。

ameblo.jp

小説家になろう!(委託35)

小説投稿サイトで以前文学フリマ対象を行ったことで記憶に新しいかと思います。今回は委託コーナーにて販売いたします。

当日企画について

文フリ金沢は他地区文フリと違い、複数階フロアを利用した当日企画をいくつか用意しております。

見本誌コーナー

……すべての文フリにある企画ですが、こちらは5階研修室2に用意してあります(昨年と場所が変わっております)。予め本をチェックしてから6階で買い物をするもよし、ブースにいる(であろう)作家さんの前で立ち読みが恥ずかしい、気になる本を探したいなど、ご利用ください。

なお、見本誌コーナーは飲食禁止です。が、隣の研修室3に飲食可能な休憩コーナーを用意しています。実は一度廊下に出なくても出入りできるドアがありますので、疲れましたらこちらをご利用ください。

文学トークセッション(13:00~14:00)

石川近代文学館の学芸員さんによる文学トークを楽しむセッション。会場は5階研修室1と前回より広い会場になりました。

今回のテーマは「金沢を描いた作家とその背景」。どうしても三文豪ばかり取り上げられがちな金沢ですが、金沢を描いた作家はたくさんおられます。金沢が登場する作品と作家、楽しいトークとともに勉強しちゃいましょう!

15分前より開場しますので、ご自由にお入りください。事前の申込みなどは不要です。

歌会セッション(14:30~15:30)

金沢市在住の歌人黒瀬珂瀾による歌会ワークショップも今回で3回目。今年は同じく歌人の服部真里子氏にも加わっていただきます

今回の題詠は「里」もしくは自由題。

会場は5階第1研修室です。前回までと場所が違いますのでご注意ください。

歌会の詠み手側参加は事前募集制です(場合によっては当日飛び入り参加もOKかもしれません)。

現在歌会詠み手参加者募集中です!詳細は下記記事に。

bunfree-kanazawa.hatenablog.com

歌会の見学については、申込不要です。当日時間までにお越しください。

おつかれさま会(17:30頃~19:00)

他地区文フリでは懇親会などという名称で、どこかのお店に移動しての飲み会となりますが、金沢は展示即売会をやっていた会場で軽食とともに行うのが恒例となっております。前回は予想を遥かに越える人数にご参加いただき、食べ物が早々になくなる等といったハプニングがありました。今年は去年の反省を踏まえ、食べ物飲み物をご用意させていただきます。

ただ、開始時間が早い、参加費が安いところから察していただきたいのですが、イメージとしては1次会というより0.5次会、飲食ありの交流会と思って参加をお願いします…

場所は6階展示室です。こちらのみ有料で、参加費は1000円。14時より本部にてチケット販売を行います。通常出店でない参加者にはチケットホルダーもお渡ししますので、チケットをホルダーに入れ、見えるようにしてご入場ください。

なお、市販のお菓子やお酒、デパ地下などで購入したお惣菜などの持込差し入れは大歓迎します。(お家で作ってきた!系手作りのものはご遠慮願います)

また、即売会終了からおつかれさま会開始まで時間がございます。その間に金沢市内見学なども良いですが、5階第1研修室におつかれさま会参加者用休憩所を16:00~17:30まで設けておりますので、こちらで休憩・買った本を読むなどお過ごしください。

 

……以上、駆け足でお伝えしました当日の企画の数々。

「文学」は作るだけ買うだけではありません。知ること、交流することもまた文学です(多分)。皆さん、1日思いっきり楽しみましょう!

 

広告を非表示にする